要求・要望書の資料については以下資料を参照してください。

関連資料

社会保障のあり方と財源論

憲法25 条は第1 項で「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と国民の生存権を保障し、第2 項では「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と国の責務を定めています。

資料ダウンロード
母子加算国会要求

18歳以下の子どもがいる一人親世帯の生活保護費に上乗せして支給されていた母子加算は、
2005年度から段階的に廃止され、16~18歳の子がいる世帯では2007年度から、15歳以下の子がいる世帯では2009 年度から全廃されました。

資料ダウンロード
広域連合要請

後期高齢者医療制度の廃止を求めつつ、当面、条例減免制度の対象拡大や免除制度の創設などにより「払える保険料」の実現及び75 歳以上の窓口負担無料化等を求める要請書

資料ダウンロード
葉山町長要請

障害福祉施策の拡充を求める要請

資料ダウンロード
広域連合議会陳情

2008 年4 月にスタートした後期高齢者医療制度は1 年以上が経過し、政府も一定の保険料軽減策を実施してきたところです。このため、法定軽減など保険料減免対象者は被保険者数の5 割近くとなっていることが、先の3 月議会で県広域連合から示されました。

資料ダウンロード
インフルエンザ緊急要請

国保資格証明書交付世帯に対するインフルエンザ対策の緊急要請

資料ダウンロード
国会要請(4項目署名)

後期高齢者医療制度廃止等を求める要請書
臨時国会が開かれていますが、新しい国会では、「貧困と格差」を解消し国民の生存権を守るために、社会保障費の抑制策を改め施策を充実させることや生活保護制度の拡充などセーフティネットの確立が緊急の課題です。

資料ダウンロード
広域連合要請

後期高齢者医療制度の廃止を求めつつ、当面次期保険料の引上げを行なわないこと、保険料滞納を理由とした短期保険証、資格証明書の発行を行なわないこと等を求める要請書

資料ダウンロード
県民連絡会重点要求

米原子力空母ジョージ・ワシントンは、県民・市民の多くの反対の声があるなかで、08年9月25 日横須賀配備を強行しました。そして2009年1月から5月まで4ヶ月余の時間をかけて原子炉メンテナンスを行いました。

資料ダウンロード